2020-21年度 国際ロータリー会長テーマ

Rotary Opens Opportunities
ロータリーは機会の扉を開く

2020-21年度国際ロータリー会長
ホルガー・クナーク
ヘルツォークトウム・ラウエンブルグRC(ドイツ)

RI会長メッセージ

ロータリーはあらゆる機会を提供しています。奉仕の機会、リーダーシップの機会、世界を旅する機会、生涯続く友情の絆を築く機会、新しい会員を受け入れる機会等々。
ロータリーを有機的かつ持続可能なかたちで、成長させるためには、現会員を維持し、クラブにふさわしい新会員をいかに募れるかにあります。
アジアのロータリアン数は北米のロータリアン数を上回っています。しかし、ロータリー発祥の地域や、高齢化が進む地域で、ロータリーは衰退し老齢化しています。この大きな変化に適応しなければなりません。
ロータリーを成長させ、より強く、適応力を高め、中核的価値観に沿ったロータリーでなければなりません。そのためにはロータリーの目的に合致したローターアクターや若い職業人・女性に扉を開かなければなりません。
新しい人と出会い、その人達にロータリーを楽しんでもらうことは、私たち自身にとっても楽しみであることを忘れてはなりません。私たちは、互いのつきあいを楽しみながら、さまざまな活動で充実した時間をすごしています。このような楽しい経験を生かす必要があります。
楽しむための一番の方法は皆が集まることです。ロータリーのビジョン声明の最初の一語がこの言葉Togetherで始まっています。
Together, we see a world where people unite and take action to create lasting change across the globe、in our communities、and in ourselves.
(私たちは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人々が手を取り合って行動する世界を目指しています)
ロータリーとはクラブに入会するというだけでなく、無限の機会への招待です。ポリオ根絶のように大規模で歴史的なプロジェクトから、地域社会でのささやかなプロジェクトや1本の植樹まで、奉仕する機会への扉を開いてくれます。
私たちは中核的価値観を基に、世界中の友人たちとともに、より豊かで意義ある人生への機会の扉を開きましょう。「ロータリーは機会の扉を開く」です。

2020-21年度国際ロータリー会長

ホルガー・クナーク

2020-21年度 ガバナーメッセージ

 

国際ロータリー第2710地区

2020-21年度ガバナー 脇 正典

ガバナーから地区の皆様へ

いよいよ新年度がスタートいたします。しかし、新しい年度を迎えるに当たり、クラブ会長をはじめとするクラブ指導者チームの方々にはPETSや地区研修・協議会に出席できず、十分な準備をすることができなかったことと思います。新型コロナウイルスの蔓延のためとはいえPETS、地区研修・協議会が開催できずお詫び申し上げます。PETS、地区研修・協議会の冊子でお伝えしていますが、ここに改めてクラブ会員の皆様に新年度のRI会長テーマ、ガバナー信条をお伝えし、クラブ会員全員が元気なクラブ運営に取り組んでいただきますよう期待いたします。

 

〇2020-21年度 ホルガー・クナークRI会長テーマ

「Rotary Opens Opportunities」 「ロータリーは機会の扉を開く」

 

〇RI  ロータリーの戦略的優先事項(2019-20年度から5年間)

・より大きなインパクトをもたらす

・参加者の基盤を広げる

・参加者の積極的なかかわりを促す

・適応力を高める

 

〇RI  2020-21年度年次目標

  1. 新しいクラブを作る(衛星クラブ等)
  2. 各クラブで戦略会議を開く
  3. 新会員を注意して選ぶ
  4. ポリオ根絶

 

〇ガバナー信条

「不易流行~楽しくなくてはロータリーではない~」

運営方針

各クラブで最も重要とする不易流行を考え、クラブ運営をする。

不易  職業倫理・nobles oblige・親睦・家庭教育

流行  多様性(公式訪問の見直し等)・少子高齢化への対応・他団体との連携

会員増強(女性・若い人)

 

RIはコロナ対応として、バーチャル会議の開催等を提案しています。ロータリーだけでなく、コロナをきっかけにして世界や日本の政治・経済・社会のありかたが大きく変化することが考えられます。各クラブは時代に即応するクラブ運営のあり方を真剣に考える必要があります。まさに流行への対応です。幸いなことにRIは柔軟性を提唱し、各クラブが主体性をもって細則を決めることを認めています。
勿論、結果責任は各クラブでとることになります。
厳しい状況ですが、皆で頑張りましょう。

2020-21年度福山東ロータリークラブ会長 活動方針

今を充実させよう 

2020-21年度 福山東ロータリークラブ

会長 浜田 一二 (はまだ いちじ)

 このたび、37年目を迎える福山東ロータリークラブの会長を仰せつかりました。大変光栄に存じますとともに、責任の重さをひしひしと感じております。会員皆様のご指導をいただきながら、精一杯つとめさせていただきますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 

本年度RI会長ホルガー・クナーク氏(ドイツ、ヘルツォークトウム・ラウエンブルグRC)のテーマは「Rotary Opens Opportunitiesロータリーは機会の扉を開く」です。

私はロータリーの奉仕のこころは、例会にはじまり例会で確認しあうものと思っております。

例会への出席は、会員皆様の当然の機会であり、『その機会を大切に、また有効に』との想いで参加して、ロータリアンである事の意義を認識し、誇りに思い、その機会をもって楽しむ事だと思います。

だから、例会を一番大事であると位置づけ、そして例会のみならず各委員会の奉仕活動や情報集会・IM・地区大会そして国際大会への参加も当然会員全員の大切な機会と考えます。

今年のRI会長ホルガー・クナーク氏のテーマであります“ロータリーは機会の扉を開く„はまさにその事だと私は理解しています。

 

そして、私のスローガンは“今を充実させよう„

今日一日を大事にしよう みんなで大事な機会に参加しよう。